2019ラグビーワールドカップでのチームジャパンの活躍に日本国中が大いに興奮し、今後の日本ラグビーの隆盛を全国民が期待した令和最初の年、国内でも大学ラグビーは伝統校早稲田大学が古豪復活を成し遂げ、高校ラグビーも神奈川の桐蔭学園が3冠達成するなど、日本ラグビーの新たな胎動を予感させる一年でした。
 しかしながら、2020年初からの新型コロナウイルス感染症の蔓延により、世界中が奈落の底へ突き落され、社会全体が委縮ムードとなりました。
 そんな折、私は、秋田県ラグビー発展のため、微力ながら粉骨砕身、全身全霊を傾ける覚悟の下、秋田県ラグビーフットボール協会会長に就任いたしました。
先が見えない新型コロナ禍にあっても、ラグビーを愛するプレヤー、彼らを応援するサポーター、そして世界中の熱狂的なファンの誰もが、いつもどおりラグビーを楽しめる環境に一日も早く戻ることを願っております。
 この秋田の地でも、ジュニアからシニアまで多くのプレヤーが安心してラグビーを楽しめるよう、環境整備に努めたいと思います。
 たくさんの方々のご協力をいただきながら、ラグビー王国秋田の復活へ向けて、力を尽くして参ります。
 関係各位のご支援を心からお願い申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。
 チーム秋田、ONE TEAM 秋田、皆の力で困難を乗り越えて行きましょう!

秋田県ラグビーフットボール協会  会長 三浦廣巳